【予算一万円以下】藤寅作の牛刀レビュー【藤次郎ロゴ違い】

コスパ良く包丁を手にいたい人

色々な食材を捌ける万能包丁が欲しいな。でも、ピンキリあって選べない。

あまり高額なのは手を出せないけど、かといって安価で失敗もしたくない...

 

このような要望にお応えします。

 

私は料理が好きでして、節約も兼ねて自炊をすることが多いです。黙々と作業することで気分転換にもなりますし、出来上がった時の達成感がクセになります。

 

f:id:enoteca17:20190911185837j:plain

 

これまで出刃包丁と刺身包丁の二本で凌いできたのですが、そろそろ万能タイプが欲しいとの思いから、ネットやお店で物色していました。

 

エノテカ
出刃も刺身包丁も片刃なので野菜が真っ直ぐ切れない
ピッピ
そりゃそうだよ やっぱり両刃が使い勝手良いよね

 

そして、口コミや評判のリサーチを重ね、購入・使用した結果“当たり”だと感じた「藤寅作 牛刀 240mm FU-890」をレビューしていきたいと思います。

 

 

はじめに材質の特徴を調査(鋼 / ステンレス / セラミック)

色々と検討した結果、「ステンレス」を購入しました。理由は、「錆びにくくて手入れが楽」でコスパがいいからです。

当初はダマスカス鋼を狙っていたのですが、予算が1万円以内でしたので、安くてよくわからない「ダマスカス」と謳われたものにするよりかは、刃渡りのあるしっかりしたステンレス素材から選ぶことにしました。

 

以下、材質それぞれの特徴です。

 

切れ味:☆☆☆☆☆

手入れ:☆☆

特徴:手入れをしっかりすれば最も切れる / 錆びやすい

 

ステンレス

切れ味:☆☆☆☆

手入れ:☆☆☆☆

特徴:サビに強い / 刃が劣化しづらい / 切れ味は鋼に劣る

 

セラミック

切れ味:☆☆

手入れ:☆☆☆☆☆

特徴:刃が陶器なのでほぼ手入れの必要がない / 刃こぼれしやすい / 硬い食材のカットには向かない

 

スポンサードリンク


藤寅作「牛刀 240mm FU-890」を購入⇒即受け取り

Amazonでポチって翌日の仕事帰りに近所のファミマでピックアップ。本当に便利な世の中です。

f:id:enoteca17:20190911184421j:plain

立派な箱に入っており、テンションが上がります。

 

f:id:enoteca17:20190911184150j:plain

かっこいい。

 

f:id:enoteca17:20190911184250j:plain

我が家の包丁三銃士。これでなんでも切れます。 ※ちなみに出刃と刺身包丁は「鋼」です

 

使用感は如何ほどに...(いい感じ)

 

切れ味はなかなか最高でした。

 

f:id:enoteca17:20190911184229j:plain

f:id:enoteca17:20190911184321j:plain

刃渡りが240mmもあるので、大きな食材も難なく対応できます。今まで片刃を使ってたのもありますが、とにかくストレスなしでザクザクいけます。野菜も切りやすい♪

 

ステンレス素材の柄が使いやすく、清潔でGOODです

f:id:enoteca17:20190911184239j:plain

和包丁崇拝主義の私は、いままで「柄がステンレスなんて邪道」といった固定概念に囚われていたのですが、実際使ってみると、つかみ心地がとても良い!水気はすぐに取れるし清潔!ステンレス最高ー!!と、いった具合になりました。

※牛刀はそもそも西洋包丁だそうです。

 

スポンサードリンク


他ユーザーの評判

 

藤寅作がお手頃価格である理由

藤寅作シリーズは、日本を代表する刃物産地である新潟県の”燕三条”にて、設立から65年以上たつ老舗メーカー「藤次郎株式会社」が製造しています。そして、主力ブランドである「藤次郎」「TOJIRO PRO」との違いについて、公式HPで説明されています。

 

※「藤次郎」と「藤寅作」について
―「Amazonや楽天で販売されている『藤寅作』とは何ですか?」
―「『藤寅作』と記入されている包丁も藤次郎の包丁でしょうか?」

「藤寅作」は「藤次郎作」や「TOJIRO PRO」と同じ材料を使った、マーク違いの商品になります。
現在弊社では弊社ブランドである「藤次郎」の再構築を行っております。
この中で弊社は製造メーカーということもあり、弊社が卸した問屋より先の販売については、弊社ではコントロールできない状況に陥っており、適正な価格での販売がされていない状態になっております。
さらにそのように安価で販売している販売店様におかれましては、サポートなどについても目を覆いたくなるような劣悪な対応をされる店舗も多く、弊社としては苦渋の選択として「藤次郎」を販売頂く店舗様を限らせて頂く形になりました。
しかしながら従来の販売店様についても販売頂く商材がないとの声を頂いたため、別ブランドとして「藤寅作(FU)」というシリーズを販売頂く形になっております。
非常に混乱を招く状態になってしまい大変申し訳ありません。
なお、販売店様の提示する価格などについては弊社では規制をすることも、管理することも出来ないため、販売価格や販売方法については弊社では責任を負うことが出来ませんので、その点ご理解ご了承頂きますようお願い申し上げます。
サポートに関しましては、弊社オンラインショップでご購入いただきますと、弊社でサポートを行えるのですが、他社オンラインショップ様にてご購入いただきますと、弊社では研ぎ直し以外のご対応が出来ず、ご購入いただいたオンラインショップ様にてご対応いただくようになります。

※引用元:藤次郎株式会社 公式ホームページより

 

どうやら藤寅作は、販売店による過剰な値引きセールによって引き起こされる価格破壊から、「ブランド価値」を守るために、お求めやすいシリーズとして発売されたようです。iPhone5sと5cの違いのようなものでしょうか?ブランド志向がない私にとっては全然OKです。

 

スポンサードリンク


最後に

高級品っていうほどの代物ではありませんが、使用感には大満足ですし、夕飯の支度や週末のクッキングがこれまで以上に楽しくなったことで、とてもいい買い物が出来きたと思っています。

 

f:id:enoteca17:20190911184356j:plain

f:id:enoteca17:20190911184417j:plain

美味しいモツ煮もできました (^^♪

 

 

両刃用。ステンレス・鋼どちらも簡単に研げる便利アイテム