【前澤友作解体新書】その生い立ちと経営哲学が生み出した莫大な年収と資産は宇宙を抜けて月まで届くのか?

オネル・メッシよりも稼ぐ千葉県人

稀代のインサイトマーケター

バイタリティーモンスター

経済界のロックスター

そのような異名?がピッタリの天才実業家、株式会社ZOZO「前」代表取締役社長 前澤友作氏。

2019年9月12日、ZOZO社はSoftBankグループ連結子会社「ヤフー株式会社」との業務資本提携及び50.1%上限のTOB(株式公開買付け)への賛同。また、前澤氏が保有する株式36.76%の譲渡。そして自身が全ての役職から退くことが発表された。

今回のヤフー傘下入りについて、「結婚のようなもの」と手放しで歓迎し、時折涙を浮かべながら会見に応じた前澤氏を眺めていて、この人がどのような経緯で現在に至り、今後どんな生き方を示していくのか知りたくなった。

本記事では同氏の生い立ちから起業・経営、私生活、そして月への想いに触れつつ、人間性に迫って行きたいと思う。

 

出身

千葉県鎌ケ谷市。北に柏市、南は船橋市に挟まれた近年のベッドタウンである。同郷の著名人は、佐藤寛之(歌手、俳優、元光GENJI)、幼少期から高校卒業まで暮らしていたディーン・フジオカ(俳優)がいる。前澤氏がこの地に生を受けたその年に「鎌ヶ谷市民まつり」が初めて開催されており今年で45回目の開催を迎える。


鎌ヶ谷市民まつり2018_相馬野馬追騎馬武者行列_Soma Nomaoi Parade in Kamagaya Citizen Festival

少年時代

ニッポンの社長インタビュー、本人コメント引用

「勉強も運動もそれなりにできるけど、ちょっとワルい子どもでした(笑)。先生に反発するタイプだったので、保守的な先生には嫌われていましたね。また、当時はファッションを通して、自分自身の個性を表現していました。たとえば、小学4年生の頃からリーバイスの古着のジーパンを履いていた。当時はみんな半ズボンを履いていたので、人と違うことをしたかったんです。」

一言でいうと”やんちゃ小僧”だったようだ。だが、当時から他人とは違くありたいと、個性も際立っていたのが伺える。

学生時代〜商売との出会い

中学2年の時にバンドを結成して、音楽の道を目指す。高校卒業後はインディーズバンドとして活動。と、起業家からは程遠い環境に属していたように感じるが、このころ前澤氏が趣味で集めていた輸入レコード・CDをライブ会場で販売したことが商売を始めるきっかけとなる。

音楽活動と起業

洋楽レコードのコレクターであり、「自分が好きな音楽を他の人にも聞いてほしい」といった思いから始めた物販は飛ぶように売れた。バンド仲間や友人に助けてもらいながら六畳一間の部屋を拠点に起業。1995年、歳は20歳。光GENJIが解散して、trfやDREAMS COME TRUEがミリオンヒットを連発していた頃のことである。そして2000年にはカタログから通販業態に移行。洋服も好きだった前澤氏は「ZOZOTOWN」の原型となるアパレル事業も立ち上げて、翌年の2001年にはバンド活動を休止。経営に専念していく。

バンドについて


SWITCH STYLE

掲載した映像は当時「SWITCH STYLE」という名前のバンドで活動していた様子だ。実は2000年にメジャーデビューを果たしている。しかものちに椎名林檎・平井堅・いきものがかり・ポルノグラフィティといった錚々たる面子を手掛けた亀田誠治氏がプロデューサーについていたそうだ。画質が悪くてわかりずらいが、ドラムを担当しているのが前澤氏だ。因みに楽曲はいずれも廃盤となっている。

好きな音楽で食べられる可能性が大きくなったのにもかかわらず、なぜ経営の道を選んだのか…?本人は当時をこう振り返る。

ニッポンの社長インタビュー、本人コメント引用

「経営の方が音楽よりも楽しくなったからです。バンドがメジャーデビューした後、音楽活動は次第にルーティンワークになっていきました。たとえば、まず3分~5分の曲をつくります。そして15曲入りのアルバムを1年に1枚リリース。価格は3,000円。その後、そのアルバムをひっさげて全国でライブツアーを行う。ライブ会場では自分たちのCDやTシャツを販売。そして、また曲をつくり、翌年に3,000円のニューアルバムをリリース。ライブツアー、物販…。やるべきことが決められていて、僕たちはそれをこなすだけ。まるでサラリーマンのようなミュージシャンになりかけていたんです。僕はこんな活動がクリエイティブだとは思えませんでした。」

メジャーのミュージシャンをサラリーマンと比喩する…商売との二刀流だったからこその感覚なのだろうか。契約による制限や、人間関係といったしがらみにとらわれて活動することよりも、企業経営に無限の可能性を感じ、思い切って舵をきったのだろう。

経営哲学

前述の反面、音楽とビジネスには共通点もありリズムが重要と語っている。それは資料作り、営業トークやオフィスデザインに至るまで。そして、前澤氏曰く起業家に必要な素質は「センスと反骨精神」。あらゆる事に立ち向かい、リズム感と多岐にわたる視点を同時に奏でる。経済界というステージに変わっただけで、彼は変わらずドラムを叩いていたのかもしれない。

年収140億・資産2,400億

類まれな行動力とセンスで築き上げた収入はいったいいくらなのだろうか?

東洋経済が9月2日に発売した「役員四季報2020年版」によると、前澤氏は役員報酬1億8,400万円と明記されている。だが、これはほんの序の口で、株主配当(年間配当24円×1億972万株)と昨年の持ち株売却額(株価3,500円×850万株想定)を合わせて税金を半分持っていかれたとしても約140億円だ。その他どのような財産を持っているかはわからないが、どれだけの資産を積み上げているかはネットで調べればすぐに出でくる。その額「22億ドル」。

f:id:enoteca17:20190917233137j:plain

「年収140億円、資産2,400億円」

額が大きすぎて最早現実味がない額を稼いでいるのである。因みにフォーブス統計によると、2019年スポーツ選手の年収第1位であるサッカー選手、リオネル・メッシの年収は138億円。これは時給換算160万円といった次元の話だ。

 

私生活

独身であるが、認知している子供が3人いる。浮世話になると、過去には女優の紗栄子、現在は剛力彩芽との交際は公の場でも知られていることであろう。また、近年はSNSがすっかり浸透した事により、高級な嗜好品や贅沢な旅行・スポーツ観戦、有名人達との交流から、庶民的な趣向。そして社会問題への提言、地元千葉の応援・ボランティア活動等、前澤氏の活動がリアルタイムに流れてくる。「包み隠さず」が彼のスタンスなのだ。

民間月旅行

こちらも以前から公言していることで、今回のZOZO社から辞任する理由の一つとしてあげている。

はたして実現されるのであろうか?

民間宇宙飛行士

政府などの公的機関の宇宙計画でない手段によって地上100キロメートル(62マイル)、かーマン・ラインより上方に到達し、宇宙飛行士の資格を得る宇宙飛行を指す。

Wikipediaより一部抜粋

渡航費用

米ロケット企業SpaceX(スペースX)による2023年以降に初飛行を開始する目標の民間月旅行の計画において、最初の搭乗客が前澤氏と発表されており、さらには複数名のアーティストも招いた旅行になるという。

2023年までの準備・訓練とMAX9名搭乗での渡航費用は1,000億円程かかるのではと推測される。だが、前澤氏の2,400億円の資産とZOZO社の全持ち株売却分を合算することで、4,000億円程の額を確保する予定となっている。

つまりは、大きな買い物であることは確かではあるのだが、資金的には実現できる目標なのである。

月には届く

射程圏内。あとは心と身体の資本を整えれば出発可能。

巷では「潜水艦の購入を図っている」「資金難で断念」などと騒ぎ立てられているが、これから環境を整え、月を射程圏内にしている男が急に潜水艦なんて検討をするのか?兼ねてから宇宙に行きたいと公言しているのに、なぜいきなり深海に浮気をするのか?夢がないだろう?それだったら「前澤友作、ゼロ戦を購入か!?」とでっち上げたほうがまだしっくりくる。

本人も言っているが、この件に関しては流石に支離滅裂な報道であろう。センシティブだ。

月旅行に関しては、ZOZO買収先であるヤフーの親会社、SoftBank代表、孫正義氏も応援している。憧れの人からのバックアップがある。

個人的な見解ではあるが、月への準備を粛々と進めつつ、新たな事業の卵を産み、温めたのち、宇宙という壮大な媒体を利用したプロモーションを見据えているのではないかと推測する。

2023年、「成長したZOZOと前澤氏がスペースコラボ」といった胸熱な展開に想いを馳せる。